【ガジェット】Nikon Z50をより快適に使うためのリグを導入SmallRig*ブログ毎日投稿278日目



今日はNikon Z50をより快適に使うためのリグを導入したお話。



以前も導入したリグ

カメラ超ド素人の僕が初めて買ったカメラ



『Nikon Z50』



(後編)【ガジェット】 カメラ超ド素人が散々迷ってこの一台に決めた。Nikon Z50 *ブログ毎日投稿103日目

(中編)【ガジェット】カメラ超ド素人が散々迷ってこの一台に決めた。Nikon Z50 *ブログ毎日投稿102日目

(前編)【ガジェット】 カメラ超ド素人が散々迷ってこの一台に決めた。Nikon Z50 *ブログ毎日投稿101日目










今でも大のお気に入りのカメラで、どこに行くにも必ず持ち出している。



そんなカメラをより快適に使うために、以前リグを購入した。



【ガジェット】Nikon Z50をより快適に使うために*ブログ毎日投稿107日目










このリグ、とても使いやすく重さもほとんど感じないし、手のフィット感も良かったのだけど一つ難点があった。



『バッテリーやSDカードの出し入れが面倒臭い』



カメラのタブにバッテリーとSDカードを収納する設計になっているのだけど、リグを付けてしまうとバッテリーやSDの出し入れする際に、毎度毎度リグを外さないといけないという面倒があった。



バッテリー/SD入れ替え部分が隠れてしまう





そこで小さな面倒だが、塵も積もればということで少しずつストレスを感じていた。



このままストレスを感じていると、カメラを持ち運ぶことさえも億劫になりそうなので対策をと。



そこでとてもよさげなリグを見つけたので早速購入してみた。



今回もSmallRig

今回購入したものは



『SmallRig』



この会社のプロダクトは本当にできのいいものがいっぱいだ。



そして早速届いたので開封してみる。



パッケージはいつもの感じで、開け進めていくとシンプルにリグだけが入っている。







以前のものと比べると、バッテリー部分がくりぬかれているのが大きな違いとして分かる。
左側の部分も若干厚みが違うのかな。






カメラに装着

実際にカメラに装着する前に、Nikon Z50のバッテリーの蓋を外す。



取り外すときは蓋を45度くらいまであけて軽く力を入れるとスッと抜ける





そしてバッテリー部分の蓋を取り外したら、リグを装着する。
装着したらリグに蓋を再度装着する。







この状態になるとリグを装着したままでもバッテリーの出し入れが可能になる。







装着してもそんなにごつごつしていないし、かなりスリムなリグだ。



この超僅かなデザインにグッとくる





カメラの右部分にもネジ穴があるので、そこにマウントを装着するとNikon Z50の一番の難点もサクッと解決する。






このNikon Z50の最大の難点はスクリーンが下にフリップするので、通常通りマウントをカメラの下部につけるのでは画面が見えないのだ。



でもこの設計だったらその難点はあっさりと解消。







このセットアップははっきり言って、Nikon Z50の今の『最適解』でしょ!



このセットアップでこれからも快適にカメラライフを満喫したい。



あっYouTube、まだ始められてない。。。。。。



もうすぐ始めます。



それではまた明日!



今回紹介したプロダクト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です