【シンガポールグルメ★★★★✰】Ban Mianの新しく美味しい食べ方に出会った*ブログ毎日投稿261日目



今日はシンガポール料理でも大好きなBan Mianという料理の新しい食べ方に出会った。



久しぶりのHolland Village

今回訪れたお店は『Holland Village駅』が最寄り駅で、駅から歩いてすぐのところにある。



B出口が最寄の出口





このあたりに昔住んでいたのだけど、雰囲気は変わらないけどお店の入れ替わりは結構進んでいた。



ホーカーセンター





ホーカーセンターから左に坂を下りて行くと今回訪れたお店がある。



Yaowarat x Ng Kuan Chilli Pan Mee

いつも仲良くしているシンガポール人の友人に連れられてきたお店が



『Yaowarat x Ng Kuan Chilli Pan Mee』







お店の入り口にはアイコニックなネオン。







そして店内へ。
お店の中は開けたスペースになっていて、奥の方に注文する場所がありその他は飲食スペースだ。







箱モノのお店としてはこんな感じの東南アジアっぽい作りのお店は意外と少ないので、シンガポールにいながらいかにも東南アジアにいるような気分を味わえる。



早速注文・実食!

カウンターで注文する前に、メニューを見ると普段見慣れないものが書いてあった。




僕の大好きなシンガポール料理の中に『Ban Mian』という麺料理があるんだけど、通常はスープモノなんだけど、メニューには『Ban Mian (Dry)』と書いてある。






このメニューの裏にはKway Chapという料理のものも書いてあって、僕の家族はこちらを注文。
ついでにFried Intentenceっていうホルモン(豚の大腸)のフライも注文。







いざ実食!



まずは僕と友人が頼んだ『Ban Mian (Dry)のChicken Cutletセット』



頼むときに麺を選択できるんだけど、僕はBan Mianという通常の麺を注文したんだけど、友人が注文したYou Mianっていうほうが美味しかったから、頼むときはYou Mianをオススメ!







僕が頼んだBan Mianの方。

このBan Mianの陰の主役、小魚のフライが抜群の役割を果たしていて、少し辛めのソースに交わってとても美味しい。



全部混ぜてから食べる





そして友人が頼んだYou Mianの方。

こちらの麺の方がコシがあって、咀嚼の数が増えるので小魚とミンチ肉の味がより味わえる。







上記の写真で少し出てきたけど、一緒についてくるチキンのフライ

こちらはサックサクで、麺との相性も良い。







スープもついてくるんだけど、これはいまいち。

麺の味が濃いので、薄めのスープとしてはいいのかもしれないけど、ぬるいのと味が薄すぎて存在感がない。







そしてホルモンのフライ

これ、コレステロール爆発の品だと思うんだけど、案の定激うま。。。
ハイボールもしくはビールに合わせると完全優勝。
でもここにはお酒置いてないので、持ち帰りで家で食べても美味しいと思う。






最後は僕の家族が頼んだKway Chap。

お米を使った麺にタイのフィッシュソーセージと豚肉とかが入っていて、スープはBak Kuh Tehにすごく近い味でこれもすごく美味しい。
ボリュームは男性には少し物足りないかもしれないけど、Largeサイズもあるのでそちらを頼むこともできる。







このお店は、グルメの中では大事な要素であるコスパはめちゃめちゃいいと思う。



ここがおススメ!

ここでのオススメは、断然



『Ban Mian (Dry)のYou Mianヌードル』



友人が頼んでいたYou MianのBan Mianは初めての体験で、とてもとても美味しかった。



Ban Mianに飽きた人も新しい発見になるんじゃないかな。



是非食べてみて(^^)/



それではまた明日!



今回訪れたお店

<お店>
Yaowarat x Ng Kuan Chilli Pan Mee

<住所>
17A Lor Liput, Singapore 277731




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です