【シンガポールで会社経営】いきなり会社の口座に大金振り込まれた*ブログ毎日投稿206日目



今日はシンガポールで会社経営のお話。



いきなり大金が。。。

先日会社の残高を見ていて気になることがあった。



『ん?なんか残高増えてるぞ?』








しかも結構な大金。



若干焦る。。。



『この金額の請求書発行してないし、どの案件だ?』



と思いながら、過去の発行した請求書を見ても見当たらない。



そしていよいよどこから振り込まれたか分からなかったので、口座の詳細情報を調べてみた。



すると



『IRAS』の文字が。
*Inland Revenue Authority of Singapore➡日本でいう税務局になるのかな?



『えっ?』








IRASさんってお金収めるとこじゃないんけ?
お金くれるってどういうことなん?








不安なるやんけ!!!
と思いながらもやり過ごしていたら一通の手紙が会社に届いていた。



コロナやからなー

現在も世界を翻弄しているCOVID-19(コロナ感染)。



なんとシンガポール政府様、



『お前んとこの会社、金ないから困ってるやろ。ほれ、足しにせぇ~』



的な感じでお金あげるでっていうレターが届いてた!!!








うそやん!
そんなことある???
金額半端ないってぇ~!








繰れへんと思ってたお金、めえちゃくれるやん!
普通できひんやん!



会社の残高にどれだけあるかっていうのは、会社運営で最も大事なこと。
お金がなければ経費も出せないし、給与も出せない。そして事業を拡大しようと思っても無理。



そんな中でシンガポール政府の子の対応、マジで



『神。』



『シンガポール、ナイスぅ~!』



そして



『ありがとう!!!』



事業やってる方、まだまだ厳しい戦いが続きますが、みんなで乗り越えていきませう!



来年から新しいプロジェクトも動いていく予定だし、こんな臨時のお金がなくても運営できるように会社の体力付けていかな!!!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です