【作業環境】グーグルフォトがつかえなくなっちゃう。。。利用してる人は注意しよう*ブログ毎日投稿205日目



今日は愛用しているグーグルフォトーについて。。。



これまでは無料で使い放題

おそらく多くの人が使っているであろう『グーグルフォト』



かくいう僕も、もはや日常生活でのライフツールになっているくらい愛用している。



グーグルフォトのいいところは

・無制限で写真や動画をクラウドに保存することが出来る

・スマホの容量は少なくてもデータの保存をグーグルフォトで補える

・ネットにつながりさえすればどこでも過去のデータにアクセスできる



そんな感じで多くの恩恵鵜を受けていた。
グーグルフォトがあったから、高級なスマホを買うにしても一番容量が小さく安いもので対応できていた。



衝撃的なニュース

グーグルが『グーグルフォトの無料、且つ容量無制限保存のサービスを終了』と発表したのだ。



終了時期は2021年5月31日。



『えっ?』








超もうすぐやん。。。




2021年5月31日までは、これまで保存されたものは引き続きアクセス・保存されるというのだが、2021年6月1日から新しいデータに関しては15GBまでの保存は無料(写真・動画・Gmail・ドキュメント)でそれ以降は有料となる。



15GBを超えたら

2021年6月1日以降からのデータ保存で15GBを超える場合には、事前に容量パンパンになる前に通知が来て、有償の『Google One』というストレージサービスで追加の容量を買う必要が出てくる。



価格はこんな感じ

100GB/250円
200GB/380円
2TB/1300円
10TB/6500円
20TB/13000円
30TB/19500円




ということだがこういう毎月のコストって最初は安いと思ってバンバン契約するんだけど、少し経つと家計へのダメージが多くなってるっていうことはだれしも経験あることだと思う。



実に実に悩ましい。。。



これまでが神過ぎた

グーグル先生には万人が利益を享受していると思うし、これまでも『こんなサービスまで無料なの?』ってのがたくさんあった。




もちろんそれに応じてこちら側も差し出しているもの(多くは個情報)があるんだけど、それでもそれを超えるだけの利益を享受してきていた。



今回もこれまでが神過ぎただけで、他社のクラウドサービスも有る程度以降の容量からは有料なのだ。



iCloudにせよDropboxにせよ、ほとんどのクラウドサービスは有料なのだから。



そう考えると然るべき事象なんだけど、これまでが無料だっただけにね、そしてあまりにも日常生活に組み込まれてるだけにね。。。



対処法

この件についての対処法は、このままグーグルのサービスの有料ストレージを買うとか、他社のクラウドサービスに乗り換えるとかあるけど、前者一択な人がほとんどだと思う。



多くのものがグーグルと連携されているいるし、写真や動画の保存だけ別のクラウドサービス使うってのも億劫だし利便性に欠けるから。



考えられるとすれば原点回帰で外付けハードディスクを用いちてデータを保存していく方法だろうか。



唯一今の状態をキープして無料で九ラウンドを使い続けるのならば『Google Pixelを使う』ことだろうか。
なにやらPixel6以降は分からないが、Google Pixel 5までのデバイスに関しては今回のルールが出来ようされないらしい。



今SAMSUNG使ってるけどいよいよ純正のグーグルフォンに乗り換えるかなー



まとめ

僕個人的にはグーグルのストレージを購入するか、Pixelに乗り換えるかっていうところで悩んでいる。



正直Pixel使えば無駄なアプリとか情報開示とかグーグルのみで完結するし、何より最新のアンドロイドのOSを純正のPixelならスマホを買えなくてもすぐアップデートできるし。




いずれにせよ対策を講じないといけない事象なので2021年3月くらいまでには結論出したいところ。



みんなはどうするんだろう。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です