【デニム】爆速でシンガポールに届いた俺の大戦モデルTCB Jeans S40’s*ブログ毎日投稿293日目



まさに爆速。



初めて買ったTCB Jeans

昨日の記事でも僕が今ジーパンに再びドはまりしていることを書いた。







そして、様々なジーパンを履いてきて久しぶりに魅せられたブランドが



『TCB Jeans』というブランド。



僕はジーパンの中でも66モデルと言われるものが好きで、そのシルエットは僕のライフスタイルに合っているし、何よりどのシチュエーションでも履ける万能選手だと思っている。



そしていろんなブランドが66モデルを出しているのだけど、この一枚の写真に魅せられて、すっかりTCB jeansの虜になっている。










TCB Jeansの価値創出場(敬意をこめて工場と呼ばない)の写真なんだけど、地元の方であろう人たちがミシンに真剣に向き合って一枚の生地からジーパンを創っているのだ。



単純にこの姿がかっこいい。



既にTCB Jeans 60’sという66モデルのジーパンを購入したのだけど、あまりに気に入って同時に感動したのと、少し武骨な



『The ジーパン!』



ってやつを履きたくなって、TCB Jeansの中でもすぐに売り切れるといわれている大戦モデルを購入することに。



爆速とはこのこと

つい一昨日、TCB Jeans S40’s大戦モデルのジーパンを購入したことを生地にした。



日付は2021年2月5日、シンガポール時間の20時ごろにオンラインで購入した。
そして購入時には股下71㎝での裾上げも依頼している。







そしてFedExのトラッキングを行ってみた今日の午前中。
もうすでにシンガポールに到着していた。







いやいや、2月15日の夜にオンラインで注文して、その時には裾上げも頼んでいて、んでもって今大戦モデルの注文がおそらくガンガン入ってるのに翌日お昼にはすでにFedExが回収済みで、17日の今日お昼にはもうシンガポールに届いた笑







いやいや、早すぎんか!!!
圧倒的スピードで、こん何早く届くと思わず、そしておまけに



『海外送料無料』




いやー、何から何までこのブランド本当に好き。



それでは早速届いた俺の大戦モデルを。



TCB Jeans S40’s大戦モデル

爆速で届いたFedEx。
注文から実質1日半でシンガポールについた。







このジーパンに対面する前の段階が一番ワクワクする。
そして開封していく。







いやーいいね!
この趣!
ワクワクが止まらない。



まずは正面から。
レングスは71㎝で仕上げているが、股上が結構深いのでレングスが少し長く感じる。







ズームインした正面の武骨な表情、いい感じ。







大戦モデル特徴の一つであるコインポケットのリベット無し。
耳は黄色に近い色かな?






トップボタンはあこがれの月桂樹ボタンに、、ドーナツ型のボタンもしっかり再現されている。
いやー初めての大戦モデル、どの角度から見てもなんかぞくぞくする。
ボタンたちが錆びていく姿も楽しみな経年変化だ。







そして、もう一つの特徴である、ポケット部分のスレキ。
通常は白い生地を使うのに対して、大戦中は物資不足からいろいろなものがポケットの材料として使われ、僕のやつは緑の生地が使われている。







股の部分も生地が切りっぱなしになっていて、これも大戦モデルの特徴。
大戦期の工数削減の象徴だ。







バックポケットのリベットもどんな感じで変化していくのだろう。
もう変化するところが多く楽しみすぎて、毎日履くのがエキサイティングだ。







続いて後ろから。
シルエットは純粋なストレートで66モデルみたいにテーパードはかかっていない。
でも極端な太さでもなくて、僕個人的には抜群のシルエットだ。







この形が統一されてない感じのバックポケット。
この粗雑観がまた味になっているっていうのが面白い。
人間の価値の感じ方は多様だ。







ステッチののぼりはちょっと行き過ぎているのもこのモデルの特徴。
スピード重視で生産されていた時の風合いを再現している。
タグの位置も通常より少し下の位置にある。







そして僕は初めて知ったんだけど、ベルトループも少し通常のものと違っていて、少し厚みがある。
これも面白い部分。







パッチはレザーになっていて、乾燥機に入れて壊れないように丁寧に扱って味を出していきたい。







そして最後はとどめの耳部分。
ピンクっぽい色が入ったセルビッチになっている。
レングスはちょうどいい感じのダブルターンで抜群の感じに履けそうな感じ。







いやー、初めて大戦モデル買ったけど、この大戦モデルにコアなファンが多い理由がよくわかる気がする。



綺麗に作られたジーパンもいいんだけど、この粗雑な感じでその時代を感じさせるものってジーパンだと大戦モデルが一番かもしれない。



とにかく最初に履いた時から、ぞっこん。
なんならもう一つ今度はちょっと大き目で、裾上げせずにオリジナルのレングスも楽しみたいなと思ったりしている。



いやーTCB Jeansに完全に火をつけられた笑



この初めての大戦モデルも、定期的に経年変化のブログを書いてみようと思う。



皆もジーパン買うならTCB Jeansおすすめでっせ!





マジで圧倒的かっこよさだから。



今回紹介したプロダクト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です