【デニム】Back to the original.人生で初めて買ったリーバイスのジーンズはLevi’s Vintage Clothing S501XX (1944大戦モデル)Part 3/4*ブログ毎日投稿325日目



一昨日、昨日と続いて今日はLEVI’S VINTAGE CLOTHING(LVC)1944大戦モデルのサイズについて。



水通し

今回LVC1944大戦モデルは少しメリハリのある色落ちを目指したいので、完全に糊は落とし切らずにサイズだけぎゅっと縮める『水通し』を行っていく。



僕が今回実践する水通しでは、常温の水にジーンズを4~5分浸けて、すぐに洗濯機で脱水だけ行い、ガス乾燥機で乾かして一気に縮め、ジャストサイズから少し余裕のある状態で糊を残しながら、しっかりとしわが安定するまで履きこんでいく予定。



水通しを行うのは人生で2回目だが、そんなにデリケートになりすぎず、楽しみながらいやっていく。



それではいざ!



水通し前のサイズ

水通しする前の全体像はこんな感じ。







まずはウエスト
W33の平置きで測ったサイズは約43.5㎝(単純に2倍すると87㎝)
*計測時は前と後ろをしっかり合わせて計測







続いて股上
平置きで測ったサイズは約33㎝。







続いてワタリ
平置きで測ったサイズは約29㎝。







続いて股下
平置きで測ったサイズは約84.5㎝。
*計測時は股下の中心から膝部分で一度計り、更に裾までを計測した合計







最後は裾幅
平置きで測ったサイズは約22㎝。







まとめるとこんな感じ。



ウエスト約43.5㎝
股上約33㎝
ワタリ約29㎝
股下約84.5㎝
裾幅約22㎝





それでは水通ししていく。



水通し

うちには大きめの樽がなかったので、バケツに常温水を入れてジーンズを入れる。







ジーンズを入れたら約5分ほど待つ。
するとわずかにインディゴが抜けていくのが分かる。







実際にバケツの水を比較するとわかりやすい。







白いシンク薄くインディゴが抜けて濁っているのが分かる。






そして約5分ほど常温の水に浸けたジーンズを乾燥機の中へ。







そしてここで洗濯機の脱水のみをかける。







水通しと脱水をかけただけでも結構縮んだ感じがする。



そしてそのまま近くのラウンドリーショップへ。


乾燥機にかける

ここから更に縮めるためにガス乾燥機をかけに行く。
徒歩1分のところにあるのでありがたい笑







乾燥機に約20分かける。
オリジナルの大戦モデルよりオンスの低い12oz(洗い前)なので20分でもしっかり乾燥する。







そして約20分後に取り出してみる。
完全にパリパリの状態で乾燥した、狙い通り。







早速そのまま家に帰って縮みの具合を確認していく!!!



水通し➡ガス乾燥機20分後のサイズ感

どれどれくらい縮まったのか楽しみだ!



写真ではわかりづらいが、見た目だけでもかなり縮んでいるのが分かる。



それでは、いざ!!!



まずは全体像。
かなりシュッと引き締まった感じ。
80度のガス乾燥機で20分乾かしても革パッチには変化は見られなかった、良かった。







それではまずはウエスト
平置きで測ったサイズは約41.5㎝(単純に2倍すると83㎝)
*計測時は前と後ろをしっかり合わせて計測







続いて股上
平置きで測ったサイズは約31㎝。







続いてワタリ
平置きで測ったサイズは約28㎝。







続いて股下
平置きで測ったサイズは約80㎝。
*計測時は股下の中心から膝部分で一度計り、更に裾までを計測した合計







最後は裾幅
平置きで測ったサイズは約21㎝。






一挙に見てみよう

表面。

水通し・乾燥前
水通し・乾燥後

裏面。

水通し・乾燥前
水通し・乾燥後

ウエスト。

水通し・乾燥前
水通し・乾燥後

股上。

水通し・乾燥前
水通し・乾燥後

ワタリ。

水通し・乾燥前
水通し・乾燥後

股下。

水通し・乾燥前
水通し・乾燥後

裾幅。

水通し・乾燥前
水通し・乾燥後





表にまとめてみるとこんな感じに縮んだ。



水通し・乾燥前水通し・乾燥後縮み
ウエスト約43.5㎝(全周約87㎝)約41.5㎝(全周約83㎝)-2㎝(全周-4㎝)
股上約33㎝約31㎝-2㎝
ワタリ約29㎝約28㎝-1㎝
股下約84.5㎝約80㎝-4.5㎝
裾幅約22㎝約21㎝-1㎝





ウエストはやはり2インチ弱は縮んだので、狙い通りのサイズで若干ゆとりがあるが、ベルトがいらない感じ。



僕のウエストは80㎝がジャストで、適度にゆとりのある履き方が出来そう。



明日は実際に水通し・乾燥前後の履いた感じを写真を交えて紹介しようと思う。



それではまた明日!



今回紹介したプロダクト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です