【グルメ】シンガポールチキンライス


今日はシンガポールグルメについて、『ここ美味しかったよ』っていう話。

皆さんシンガポールフードと聞いて、何を思い浮かべますか。

その前に、シンガポールは主に中華系、マレー系、インド系からなる多民族国家です。
故に食べ物に関しても、宗教的な理由、健康上の理由がない限り日常的に様々な文化の食べ物を食します。

例えば日本人の僕が、朝ごはんは和食を食べて、お昼はインドカレーを食べて、夜はマレー料理を食べるというようなことが毎日のように起こります。

そしてシンガポール人は頻繁に外食をします。
物価が高いシンガポールですが、ローカルの人が行くHawker Centre(大衆向けフードセンター)は値段も安価で味もよく、そのような場所が各エリアに至る所にあります。

*ちなみにホーカーセンターと読みます

Hawker Centreでは中華系の食べ物から洋食、和食、もちろんインド料理、マレー料理なんでもあります。

シンガポールのガイドブックに載っている有名なHawker CentreだとLau Pa Satとかでしょうか。

その中で中華系の代表的な料理はいくつもありますが、シンガポールといえばこれ。

『チキンライス』

チキンライスというと、日本ではケチャップで味付けされたものをイメージしますが、シンガポールのチキンライスは、簡単に言うと柔らかく茹でられたチキンと、そのチキンの出汁で炊いたご飯のことを指します。

ガイドブックに載るようなところだと『文東記(ブントンキ-)』のようなレストランや、『天天海南鶏飯(Tian Tian Hainanese Chicken Rice)のようなHawker Centerでも食べられるようなところでしょうか。

今回僕がローカルに進められて食べたところはここ。

『海南美味佳肴(Hainanese Delicacy)』

シンガポールに来ていろんな場所でチキンライスを食べましたが、ここのチキンライス、すごくおいしかったです。

写真が若干鮮明でない。。。

食べているときも、僕のような外国人がたくさん入ってくるというようなことはなく、ほぼローカルのお客さんばかり。

観光に必ず行くであろうオーチャード通り(日本の表参道的な?)のすぐ近くにある、Far East Plazaっていうショッピングモールの5階にあります。

値段もHawker Centreと同じくらいでシンガポール人の妻と二人でいって、いろいろ頼んで大体1,800円くらいなので、家族連れで行ってみるのもいいと思います。

まだまだシンガポールにはローカルの美味しい食べ物屋がたくさんあるので、今後もシェしていけたらなと思います。

シンガポールにお越しの際はぜひ行ってみてください。