【海外生活】シンガポールの労働省から突撃訪問受けた


今日は、シンガポールの話。

シンガポール労働省からいきなり家庭訪問

きょう午前中家で仕事をしていると、
突然家のドアがノックされる

出てみると、
『MOM *Ministry of Manpower(労働省)』
のカードを持った男が3人。

こういうの来ると、悪いことしてなくても
若干焦りますよね笑

ビザを剥奪されるともうその国には居れないので。

超絶怪しかったが、
いろいろ話をしてみると

『外国人居住者のビザのチェック』
『コロナで自粛要請出てるが、しっかり守っているか』

等を検査しているみたいです。

結局持っている永住権カードを見せて、
いくつか簡単な質問されて帰っていきました。

MOM(労働省)に電話でチェック

一応こちら側も相手に身分証の提示やら求めて
それを見てこちらのIDを見せているのですが、
それでも少し怪しかったのでMOMに電話。


「MOMから今ビザチェックのスタッフ送ってますか?」

MOM
「確認します。」↓
「現在一軒ずつ回ってチェックしてます。」


「じゃー正当な訪問なんですね」

MOM
「ピンポンならしていくと、良くないアクションとる人もいるので」
→まーシンガポールで違法滞在は超困難だと思いますけど笑

ということで
MOMがオフィシャルにスタッフを送っているとのことでした。

ー訪問を受けてみてー

なんか自粛が続いていると
人と接する機会が極端になくなったので、
少し疑心暗鬼的な感じになってるのかなと思ったり。

シンガポールで外国人が滞在するには
どんどん規制が厳しくなっているし、

シンガポールにビザをもって滞在している人も
5月1日から変わったビザ条件で次回の更新が難しい人もわんさか出るだろうし

より一層コンペティティブな感じになっていくのかなー

シンガポール在住の方は
おそらくどの家庭にもMOMからの訪問があると思うので
その際は相手の身分証とかもしっかりチェックしてID提示しましょう。

あー早くコロナ収まらないかなー