【シンガポールの日常】常夏のクリスマスツリー*ブログ毎日投稿189日目



今日はシンガポールの何気ない日常のお話。



南国シンガポール

シンガポールは年中通じて温暖というより暑い国笑



季節は大きく2つで「乾季」「雨季」

*シンガポール人に言わせれば四季があるようですが笑
【hot *暑い】【very hot *とても暑い】【sibei hot *死ぬほど暑い】【rain *雨】
➡これ知っとくといい会話のネタになるよ笑



実際に体感としては、乾季も雨期もほとんど変わらない笑



まーシンプルに「暑い国」だ。



日本みたいに、春は花見をして夏は海へ行き秋にはモミジを眺め冬には雪景色みたいなそんなロマンチックなもんはありません笑



常夏だから。



それでも12月といえば「クリスマス」ということで、毎年小さなクリスマスツリーは買っていたのだけど、今年は少し大きめな物を買ってクリスマスまでの時間、少しでも「クールな雰囲気」を味わおうと。



シンプルなクリスマスツリー

実際に買ったやつは、高さ150㎝とまーまー背の高いツリーを買いまして、それを設置していく。








設置するのはモノの30秒で出来ちゃう笑








飾りつけはまだ全部届いているわけではないので、届いたものから取り付けるとこんな感じ。








ちょっと枝の部分を広げて








なーんとなく雰囲気だけは出るんじゃないでしょーか!笑



これからライトとか、その他のデコレーションも届くので少しずつ本番に向けて仕上げていきたい。



皆さんのおうちにもクリスマスツリーいかがでっか!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です