【海外生活】ローカルの床屋に行ってみた *シンガポール




朝一、シンガポール人の妻に言われました。

『髪伸びたね、切ってきたら?』

そろそろ切らないといけないなと思いながら昨日、ちょうど近くのショッピングセンターにあるしゃれた美容室前を通ったのですが、5月22日まで閉店(自粛規制でお客さんがほとんど来ないからだと思う)とのこと。

そこで以前お店の前を通ってばっちりレガシーな床屋があったのを思い出し、いざ行ってみることに。

このお店どれくらい前からあるんだろうというくらい、写真からは伝わりづらいですが、歴史を感じさせる床屋です。


Gents Hairdressingっていうネーミングから対象客は男性だけなのでしょう。

写真をたくさん撮れれば良かったのですが、お店のオーナー?っぽいおじいちゃんたちが2人いて、両人年齢はおそらく70歳以上でしょう笑 がいたので、遠慮してあまりとれませんでした笑

両人とも微動だにせず、読んでいる新聞を置こうともせず1分後くらいに、鼻で


『其処に座れ』


的な笑。

こういうレガシーな感じと、おじいちゃんたちのこういった振る舞い全然嫌いじゃないので、むしろワクワク感笑

そして着席。



分かりづらいですが、店の中にあるすべてのものに歴史を感じざるを得ない装飾でした。

そして、散髪用のエプロンが

ビニールの包装をセロテープで繋げた感じのテッロテロエプロン笑

イメージです



分かります?こんな感じのやつ笑

好きだよ、おじいちゃん、こういうの笑

とどめに、そのエプロンを留めるのはこれ。



三十数年生きてきましたが、こういうスタイルは初めて。
でもこういう感じ昔の雰囲気があってすごい好き。

きっと、切った髪の毛が、どーんどん入っていきますよ、首から。笑

そして、バリカンで強めに攻めていただき、調整のすきばさみをちょちょいと。

その間僕は店内の装飾に目を移す。

どうにでもしてください』w



そして散髪も終盤に差し掛かると、

おじいちゃんは昔の懐かしいカミソリとスプレーを取り出しました。
(基本箱に入っていたカミソリの箱とかは床にぽーっい。)

そうです、生え際の部分をきれいに仕上げるのです。

まずはバッサーと髭剃り用のスプレーを髪の毛の生え際の部分に撒いていただいて、

いざ、剃髪。

そしていつぶりでしょうか、もみあげの部分にカミソリを合わせてくるじゃありませんか。

そう、アイビーカットにしてくれるんです。

小学校ぶりです、もみあげをバッサーと剃られたの。

僕がいつもおふくろに連れられて行っていた、サロンド平澤のおじちゃんのそれを思い出します。

いやだと言ってるのに、もみあげを行っちゃう感じ。

でもここは子のレガシーな感じを堪能する場所。

そして仕上げに、いつ掃除したのか分からないようなミニほうきで、ササっと顔面から首まで掃除していただいて、

とどめにシッカロールを。

おかげでしっかりシンガポール男子の髪形になりました。

おじいちゃんありがとうございました。

お代は10SGD(約750円)。



皆さんもシンガポールに旅行に来たら、通常とは違う散髪体験、思い出に行ってみてはいかがですか?

僕は間違いなくこれからここで散髪するつもりです、こういう雰囲気の床屋はないので、すごくいいです。

安いし、昔の古き良き?雰囲気が好きなので。

<お店>
Soon Lee Huat Gents Hairdressing Salon
1 Tanjong Pagar Plaza, #02-18, Singapore 082001
6221 8201

Booking.com